つぶらな瞳に見つめられて

2005-04-22 PM 1:45 by moto

(この記事は 2004/06/17noto.exblog.jp へ掲載したものです)

 今日は内浦町泉地区にある内浦放牧場の紹介です。

 [内浦放牧場][G]は(財)[石川県農林業公社][G]によって運営管理されており、全面積114.7ha、草地面積56.7haとたいへん広々とした牧場です。しかもこの時期、一面に広がった牧草はぐんぐん成長しとても鮮やかなグリーンを楽しむこともできます。

 さてさてここは放牧場ですから牛はもちろんたくさんいます。その年間預託数なんと210頭!そしてさらに驚きべきはすべての牛がメスなんです!!年齢は人間でいうところの10代~20代くらいでしょうか。


 私が[牧草地][G]に近づくと一頭の女の子(?)がこちらをずっと見ていました。まぁ恋多き年頃ですからね、私みたいに若くていい男がいると見とれちゃうんでしょうね~、きっと。うふふ、ん~、間違いない!
 ここで働いていらっしゃる男性職員の方々はハーレムですよ、きっと。

 ところで、なぜこの放牧場には雌牛しかいないのか?
 
 この放牧場は実は[花嫁修業][G]の場でもあるんです!詳しく説明しますと、ここでは県内の[酪農][G]および肉用牛[飼養農家][G]の[優良雌子牛][G](6ヶ月齢~27ヶ月齢)を受託・放牧・育成し、妊娠牛に仕上げて預託農家に返すのが業務なんです。つまり名家のエリートなお嬢様を預かって、いつでもお嫁にいけるようになったら実家に返す、そうゆうことです。

 またこの放牧場では牛とのふれあい体験ができたり、冬季は牧草地をスキー場として開放したりと、見るだけでなく楽しむこともできる牧場となっています。

能登の海岸にゴジラ出現!?

2005-04-22 PM 1:40 by moto

(この記事は 2004/06/10noto.exblog.jp へ掲載したものです)



 [松井秀喜][G]が有名になって、このゴジラ岩もほんのりメジャー気味になりましたが、やはりまだまだ知られてないみたいですね。
 なにせ場所がわかりにくい!ここらへんですよ~みたいな案内はありますし、看板もあるんですが、よほど海岸線を凝視してないと見つけられないです。

 あとから聞いた話ですが、地元の人は松井が有名になる以前から「あの岩、ゴジラににとるなぁ~」という話があったそうです。

 問題の“場所”ですが、地図でお知らせしようと思ったんですがやはりわかりにくい・・・。もういっそ海岸線を凝視しながらドライブしてもらうしかないです(^^;
 場所は塩田村の近く。
 がんばって見つけてみてください。感動しますよ、実物は!

 
 ちなみに遠くにうっすら見える島は七つ島です。

■追記 2005/03/25
店主のひとりごと2005さんのほうに最近撮影された看板の写真が掲載されています。
ちなみに私がこの記事を書いた6月頃はまだ、味気ない分かりにくい看板だったような気がします。
これなら見つけられなくて探し回る、ってことはないですね。よかったよかった。

潮の香りと緑のトンネル

2005-04-22 PM 1:37 by moto

(この記事は 2004/06/09noto.exblog.jp へ掲載したものです)

 今日は[禄剛崎][G](ろっこうさき)をめぐる道“中部北陸自然歩道”の紹介です。


 この自然歩道は禄剛崎から木ノ浦までの海岸線を結ぶ約8kmの緑のトンネルが印象的な遊歩道で、木々からのマイナスイオン、海からの心地よいそよ風を浴びながら[ウォーキング][G]を楽しむことができます。

 このコースは、断崖の上や荒々しい[岩礁海岸][G]、あるいは波静かに打ち寄せる穏やかな[砂丘海岸][G]などの変化に富んだ地形をめぐることができ、また海岸線には[カシワ][G]や[ヤブツバキ][G]などの自然林が複雑な地形に彩りをそえています。

 道程の途中には二三味コーヒーもありますし、潮の香りと自然林の空気を満喫できる歩道、ぜひ一度訪れてみてはいかがですか?