みなつき

2015-06-01 PM 5:14 by office

IMG_20150531_085633 今日から6月になりました。行事的には衣替えの季節です。そして花は、ご覧のようにちょうどサツキが見頃となってきました。

ところで、今年の5月はとても良い天候が続き雨が極端に少なかったようです。そして6月に入っても雨の気配がなくちょっとこの先が心配されます。

日本では、旧暦6月を水無月(みなづき)と呼んでいますが、現在では新暦6月の別名としても用いています。

水無月とは、

水無月の由来には諸説ある。文字通り、梅雨が 明けて水が涸れてなくなる月であると解釈されることが多いが、逆に田植が終わって田んぼに水を張る必要のある月「水張月(みづはりづき)」「水月(みなづ き)」であるとする説も有力である。他に、田植という大仕事を仕終えた月「皆仕尽(みなしつき)」であるとする説、水無月の「無」は「の」という意味の連 体助詞「な」であり「水の月」であるとする説などがある。wikipediaより

どちらにしても、水は大切なものだということを忘れさせないための意味ではないかと思いますね。

DCIM2083 雨が降らず気温が上がると、海もご覧のように赤く変色します。これはプランクトンが死んで赤潮が発生するのですが、これはこれで一つの季節行事、そして楽しみの一つでもあります。

赤潮の楽しみ方をご覧ください。

近づきつつある夏の日。その前に来るであろう梅雨。そして幽玄な光の舞を見せてくれる蛍・・・・

日本は、本当に自然の楽しみが豊富な国ですね。

猿まわし

2015-05-19 AM 9:27 by office

DCIM2047_2 能登の各地には、猿(鬼)に関する伝説が数多く残されています。詳しいことは、のとツーリズム猿鬼伝説で特集を組んでありますのでご覧くださいね。

先月、『波並で花見』のイベントをおこなった三波公民館で、明後日木曜日『猿まわし』の伝統芸能が催されるとの情報が届きました。

時間は午後4時30分から5時10分と言う短い時間でちょっと見学するにもむつかしい時間帯ですが、是非とも一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

猿まわしについてちょっとご紹介しますと

『神』という字は、『示(しめすへん)』に『申(もうす)』で作られ、猿は吉凶を示すものとして古くから信仰されてきたものの一つです。日吉と呼ばれることもあり太陽神としての性格を持ち、山王信仰においては山の神、水の神とされ、災いを祓い、人々に寿福をもたらすとされています。このような背景から猿まわしは禁裏、幸家への出入りも許されており諸所を廻りながら祝言を述べる芸能です。三波公民館チラシより

なお、見物は無料ですが大道芸ですので投げ銭のご用意をお願いしたします。また、犬の同伴は固くご遠慮願います!!

春らんまん

2015-05-16 AM 9:06 by office

IMG_20150503_1043051 5月と言えば、風薫る、新緑、青葉、緑樹、立夏などの言葉を連想できますが皆さんは、いかがでしょうか?

私は、桜が終わったこの時期、山々の目に滲みるような緑とともに色鮮やかな花々が咲き誇っていくまさに春爛漫の時期ではないかと思います。

藤波運動公園では、ご覧のように色とりどりのツツジやキリシマが咲き誇っています。IMG_20150428_1646281

潮の香る台地でスポーツを満喫しそして視覚に訴え風を感じてプレーする・・・こんなに素敵な場所は世界には3箇所しかないそうです。

もしかしたら世界遺産に申請したら登録してもらえるのではないでしょうかicon_smile.gif
IMG_20150506_1027181 今年もこの運動公園では、女子プロの国際テニストーナメントや日本マスターズソフトテニス競技など大きな大会が予定されています。

ぜひ、皆さん会場にお越しになって五感たっぷりと癒されてみてはいかがでしょうか?