曳山’09

2009-04-19 PM 3:13 by office

昨日、今日と宇出津の春祭りが五穀豊穣を祈願しておこなわれています。昔は、4月18日、19日の日と決まっていたそうですが、近年は第三土、日に変更されて行われています。

 今年は、偶然にも昔の日と同じ日程になりました。幸いにとても良い天候に、恵まれ街中はたくさんの人達で賑わっています。

夏祭りも近年、土日に変更しておこなわれるようになりました。過疎化によって祭礼の準備や運行をする人足(にんそく)が不足していることが第一の原因です。

 都会だけが、日本だと思っている役人、国会議員の皆さん。勘違いしてはいけません。
皆さんももともとは田舎に住んでいたのことを忘れてはいけません。田舎を大事にしないと日本の将来はありませんよ。

 田舎と都会の格差を是正し、都会に住んでいる人がもっと身近に田舎を感じ、そして田舎の人間は都会に簡単に遊びに行けるようなシステムを確立してほしいものですね。

 皆さんももっと日本のことを知って、日本・田舎を大切にしましょう。

 いい日旅立ち-山口百恵

夜桜/遠島山Ⅱ

2009-04-18 AM 8:25 by office

遠島山公園の夜桜で
花見をしているという情報が寄せられました。そっそく行ってみました。
 ご覧のように雪洞でライトアップされた桜。情緒があって綺麗ですね。(皆さんも・・・icon_wink.gif

生憎の肌寒い天候の中で誰がお花見なのかと思って行ってみると、ナントそこに居たのは陽気な外国人さんたちでした。この外国人さんユースホステルで室谷さん家族と一緒に合同作品展「遠島山公園『ハーモニーセンター』物語」を開いているプリノ・パテルさん(28)、ロドリゴ・パレジャさん(29)と一緒に来日した友人の2人でした。
さすがに寒かったのかしっかりと防寒した上に、初めはビールや冷やを飲んでいたようですが、熱燗が冷えた体を温めてくれるとわかるとすっかり、熱燗のファンになっていました。

 外国人でも、夜の花見には日本酒を飲むくらいです。やはり日本は四季を感じながら様々な文化・風土を発展させてきたんだと思いませんか・・?

 四季の彩り、行事もう一度その根本と関連を見直すことが必要かも知れませんね。

能登町物語

2009-04-15 PM 4:29 by office

能登町 宇出津では、今週末の18日、19日(土日)に曳山祭りがおこなわれます。

 夏のキリコ祭りとは一味違う、独特の節回しの木遣り唄にあわせながら大きな山車が運行します。

見所は交差点で曳山を廻す角廻し。高さ6m、幅8mの巨大な曳山が、「角廻しの木遣り」に合わせて見事に廻るさまは圧巻です。能登町ホームページより

 遠島山公園の旧ユースホステルでは、何度か紹介してる五友宿「墨から炭まで」展桃花林/えもじ暦そして、今回新たに欧州の若手画家二人がジョイントして展示会を開催しています。

 二人の作品ですが、ともに色づかいと線を中心とした作品となっていますが、空間の利用方法や展示方法で視感が変わってきます。

 週末は、能登の伝統的な祭りと創造的文化そして民俗学を是非とも体感してみませんか?