クロロン?

2009-04-29 AM 8:32 by office

クロロンって?と思われた方初めて聞きますよねicon_sad.gif

 私も昨日初めて知りました。旧三波小学校でクロマルハナバチを飼育していることを以前お知らせしましたが、昨日そのハチの初出荷式がおこなわれました。

 全国へ向けての出荷の前に、地元町野地区の農家から強い要望があり全国に先駆けて特別に出荷することになったそうです。

 地元新聞記者の方々のほかにもNHK以外にも民放テレビ局そして、わが能登町が誇る有線テレビが取材に訪れていました。
そして、この席上で、能登町産クロマルハナバチをクロロンと命名したことが発表されました。

 命名者は誰なのかは教えてもらえませんでしたが、先日の能登はやさしや水までもと言いとても洒落ていますよねicon_wink.gif
 もしかして、能登町の職員の中にコピーライターが誕生したのかも・・・?

 クロロン能登はやさしや水までも能登町の大きな夢と期待がかかっています。
高くそして深く広まって欲しいものですね。

今年のノトキリシマは?

2009-04-28 AM 9:00 by office

寒い日が続いたせいか、今年のノトキリシマは、色合いもあまり良くなく花も蕾のままです。で昨年はどうだったのかと思って調べてみました。
 (この辺が日々更新の強みですね。日記と同じ感覚です・・・・・?(マンネリ化とも言うicon_shock.gif))
昨年は、4月26日に宮本家のキリシマをご紹介しています。
となると、今年はかなり遅れていることがわかります。
 でも、桜の時にも感じたのですが、開花が遅れていそうでもその時期になるときちっと計ったように咲出すんですね。
 今日からしばらく好天が続くようです。この陽気で遅れていた開花することでしょう。
 これが自然界の摂理なのかも知れません。

そう言えば、来月10日に能登町の能登産業技術専門校で専門家が品種を判定する鑑定会 が開催されるそうです。
 

能登町や珠洲市など三市四町で樹齢百年以上の古木二百八十六個体が確認された。能登地方には「本霧島」「蓑(みの)霧島」「八重霧島」など七品種と、花色が鮮明でない「けら性」で品種名不明の三系統が分布していることが分かっている。
 この三系統は能登独自の品種の可能性があるとされる。鑑定会は新品種であるかどうか識別するため、より多くの標本を集めるのも目的で、鑑定会で判定できないものについては、DNA鑑定など詳細な調査が行われる。
 のとキリシマツツジ連絡協議会の宮本康一会長は「能登特有の品種が見つかってほしい」と話した。
富山新聞より

いつになったら

2009-04-27 AM 10:45 by office

遠島山公園のクロサンショウウオの卵です。前回お知らせしてすでに50日以上になります。
 4~5週間で孵化すると言うことだったのですが・・・・icon_rolleyes.gif
何度か孵化する瞬間に立ち会えないかと思い様子を見に来ているのですが、なかなかうまくいきません。

 4月中旬の高温が影響していることはないと思いますが、この頃アメンボが卵から栄養を吸い取っているような光景を見かけました。まさかそれで孵化しないのでは・・・・
 でも、公園に遊びに来ている子供たちに聞いたところ
『おたまじゃくしみたいのがたくさん泳いでいた』とのことでした。確かに最初の頃は10個ほどの卵でしたが、その後どんどん数は増えているようです。

 この様子だと5月中旬頃までこんな感じなのかも知れませんね。ところで疑問なのは子供たちが言ってる
『おたまじゃくしみたいなもの』は一体どこに行ってしまったのかicon_ase.gif

 この池の中にいるのかそれとも森の中に移動しているのか・・?誰かご存知ないでしょうか?