総体結果

2012-06-04 AM 9:21 by office

 高校総体県予選が無事に終了しました。速報を出すことが遅れましたがお知らせいたします。

画像は、能登高校VS小松市立高校の男子決勝戦の模様です。小松市立にも地元出身の選手がいますが、やはり何と言っても能登高校に悲願の優勝をと願っていたのは、関係者だけではないようで、たくさんのOBが駆けつけて応援していました。話によると準決勝では能登高校エースの大屋・寺尾ペアーがまさかの敗戦。そして2番手のインターハイ個人出場権を逃した下畠・仙福がその鬱憤をはらすかのように快勝し、3番勝負となりました。そしてその3番勝負ではファイナルゲームの接戦の末、屋鋪・新ペアーが勝利しました。

その優勝の瞬間、感動して涙したOBもたくさんいたそうですicon_kirakira.gifいい話ですね。

決勝戦では2-0のストレートで宿敵を破り米沢監督が全身で喜びをあらわしていました。男子は部員がいなく3年前存続も危ぶまれる中で一人残って部を支えていたのが新選手です。そして彼とペアーを組む屋鋪選手はテニスがしたいと七尾からやってきたそうです。こんな状況での優勝ですので喜びも一入かと思います。ほんと感動ものですicon_kirakira.gificon_kirakira.gificon_kirakira.gif

女子は、残念ながら準決勝で敗退しましたが、3位決定戦では勝利し北信越大会の出場権を確保しました。また、女子団体優勝は飯田高校で、部員にはたくさんの能登町出身者がいます。

男女で能登地区の高校が優勝できインターハイ出場権を獲得できほんとうに良かったflair.gif

これをきっかけに『テニスの町』も復活して欲しいものですねheart04.gif

詳しい結果は 石川県ソフトテニス連盟 または、藤波運動公園  をご覧くださいね。

 

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing