番外/観音様

2011-09-28 PM 12:02 by office

今日は、知人から送っていただいたニュースをご紹介します。
京都市中京区 京都の中心地、河原町三条にある京都ロイヤルホテル『酒井大樹 絵画展』が開催されています。

 この絵画展ですが、ダウン症の障害を持つ作家の、仏画を中心とした個展だそうです。
しかも、発想がとてもユニークなんです。
 
 どんな発想かと言うと

 彼は、3歳くらいから絵に興味持ち、中学時代から本格的に創作活動を始めてそうなんですが、大好きなマンガの『ゴルゴ13』が馬頭観音菩薩に似ているという発想から仏画を描くようになったそうなんです。

 ん・ん・ん・ん 俺の後ろに立つな  そんな雰囲気があるかも・・・・

確かにゴルゴ13に似ているかも・・・・・
我々には気がつかないものが素直に見えるんでしょうね。

 会場には、仏画だけではなく彼の「お母さん」をテーマにした詩なども一緒に展示されているとのことです。
展示期間は、今月30日までとなっています。
もうあまり日にちはありませんがもし、京都にお出かけの際はぜひお立ち寄りくださいね。

 『心の中 ぼくを幸せにしてくれる 母がいる

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing