この自然を・・・・

2011-03-23 PM 3:31 by office

東北太平洋地区地震/東日本大震災が発生して明日でもう2週間となります。
 能登では、不順な気候で多少寒い日もありますがご覧のような青空もあり平和な日が続いています。
連日テレビなどで、被災地の悲惨な状況が報道されています。
 
 その悲惨な状況で私たちにできることを少しでもたくさんの人が手を携えてできればと願わずにいられません。
今日、23日の中日新聞での中日春秋でこんなことが掲載されていました。

 

テレビ画面の中で避難所の男性が「あの日以来、初めて温かい物を口にした。ありがたい」と、泣きながら汁物をすする姿に胸がしめつけられる。届けられた簡易式の湯船につかり「やっと風呂に入れたよ」と笑った人の表情にも
 
 だから、がん闘病から復活した歌手、桑田佳祐さんの新しい曲『月光の聖者達』を聴くと、この一節が胸に迫ってならないのだ。
♪現在(いま)がどんなにやるせなくても 明日は今日より素晴らしい…
 
 昨日できなかったことが今日はできる。今日なかったものが明日はある-。国の総力を挙げてそういう一日を積み重ねていきたい。人々の思いが早く、一週間先、一カ月先、そして一年先へと向かえるように。中日春秋より

 私たちは、この自然をずっと守って未来に残さなければ・・・・・
残す義務を感じます 

 桑田佳祐/『月光の聖者達』

二度とあの日の僕には
戻れはしないけど
瞳(め)を閉じりゃ煌めく季節に
みんなが微笑(わら)ってる

ひとりぼっちの狭いベッドで
夜毎 涙に濡れたのは
ビルの屋上の舞台(ステージ)で
巨大(おおき)な陽が燃え尽きるのを見た

現在(いま)がどんなにやるせなくても
明日(あす)は今日より素晴らしい
月はいざよう秋の空
“月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)”
Come again, please.

もう一度 抱きしめたい        『月光の聖者達』より

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing