平氏/ロマン

2009-05-17 AM 7:00 by office

石川県、能登には数多くの義経伝説が残されていると先日もお知らせしましたが、ご覧の家は平時忠家の子孫で現在の則貞家です。
 
 立派な揚羽蝶の家紋が目立ちノトキリシマの真紅とドウダンツツジの白のコントラストがより一層威光を感じさせます。
 
 ~平大納言時忠の流れをひく能登一の名家~の中で
配流の人の墓にふさわしく、質素で、権勢をほしいままにした大納言の面影はなく、寂しさの中にあります。
と記されていますが、決してそんなことはないと思います。こんな立派な家に住んでおられんですよicon_lol.gif

 これに比べたら私の家は鼠の家ですicon_ase.gif

で、色々と調べていたのですが 墓に近い大谷の集落の、住人の大半は時忠ゆかりの深い従者の子孫と言われています。頼兼、頼光、頼正、兼正、則正などの姓を名乗り、俗に大谷十二名と言われているそうです。

 このほかにも、輪島市の時国家は時忠の子が始祖だと言うことです。
最近、歴史がブームだと言うことで(歴史が好きな女性を歴女と呼ぶそうですicon_rolleyes.gif)平家と義経伝説が残る能登を巡る旅を楽しんでみてはいかがでしょうか・・・

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing