あえのこと

2009-02-10 AM 9:37 by office

ご覧ください。シンプルな田舎のごちそうです。お神酒、白酒、ブリの大根ナマス、メギスの団子汁、煮しめ、タラの子付け、赤飯、そしてお土産に赤メバルとなんとも素朴で豪勢な料理でしょうかicon_kirakira.gif

 見ていて思わず食べたくなってしまいました。と言うよりこのごちそうを肴にちょっとイッパイ飲みたい気分になりましたicon_redface.gif

 このあえのことは能登町国重の吉村安弘さん(65)方で、昨年十月に住民有志が地域を挙げて伝統行事を継承しようとなったとのことで、12月の田の神のお迎えに続き今回の送りと2回目になります。

 長年途絶えていたと言うことで、神事の作法順番などはまだしっかりと確立されていないと言うことで、今日の田の神様は(夫婦)一緒にお風呂に入られてしまいました。(こっそりと入浴のシーンを撮ってみたのですが田の神様が見えますか・・・?)

 お風呂からあがられると、田の神は吉村さんの案内で座敷で食事の饗応を受けくつろいだ後は、春の田の到来を土間でお待ちになるとのことでした。

 あえのことは、昔は各家々で行われておりそれぞれに作法が違っていたとのことで、のとツーリズムで昨年も紹介したものとは、違いますが在所の皆でこうした文化を復興しようとすることが素晴らしいですよね。

 能登町には、こうした田の神に感謝する風習や11日には起舟が網元の家でおこなわれます。

 私たちの記憶からたくさんの伝統・風習が消えつつあります。少しでも後世に残して行けたら、語り継げたらそして、文献だけでなく映像として実像として残して行けたらどんなに素晴らしいことでしょうか。

One Response to “あえのこと”

  1. のとツーリズム - 奥能登観光ガイド -

    […]  先日9日は、田の神様のあえのこと神事がhttp://noto-tourism.com/?p=5986 がおこなわれました。そして、2月11日 今日は起舟です。能登の漁師さんにとっては大事な一日です。 […]

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing