がんちょ

2007-12-25 PM 2:53 by office

 今日は、久しぶりの好天気です。冬休みに入り子供達にとっても遊ぶには持ってこいの日となりました。

 みなさん、「がんちょ」と言う言葉をご存知でしょうか?
能登では、蟹のことを「がんちょ」と呼びます。方言なんですが同じように呼ぶところがないかと調べたところ・・・
 ありました。場所は宮崎県(今年は宮崎が大当たり)の北郷町でも「がんちょ」と呼ぶそうです。調べてみるものですね。 
 
旧内浦町滝之坊には、この「がんちょ」にまつわる民話があります。
 

滝の坊集落の多くは4キロも離れている松波の松岡寺が菩提寺である。
此の寺の住職が檀家へ葬式や法事にお出かけの際には籠に乗られるのでその人足をしたててお迎えに行かなければならなかった。 
 ある時、人足衆で「前方を担ぐ者が住職に尻を向けるのは大変失礼だ。何か良い方法がないか」と問いかけた。
「二人とも籠に向かえばどうだろう」 「それでは前に進まれない」 「籠を横にして横隊行進すれば」「道路の幅が狭すぎる」「では、籠を中にして蟹のように横歩きすればどうだろう」「なるほどそれがよい」
 衆議一決、それからの籠かきは蟹の横這いのように歩いたので他の集落の人たちは「滝の坊ガンチョ(蟹)」
と呼んだそうな。(内浦町史より)

 画像は、能登町百景 滝之坊二段滝

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing