珠洲市若宮町の“古麻志比古神社”の境内に“少名彦社”と呼ばれる末社があります。
 見たところ何の変哲も無い小奇麗な社ですが、実はここに祀られている“少名彦”は「箸神様(はしかみ)」なんです!箸神様って知ってますか?文字通り“箸の神様”なんですが。

社前には白い壷が置かれており、そこには何本もの箸が供えられていました。なんで箸なんか供えるのかって?それは箸神様は歯痛にご利益がある神様だからなんです。
ほらほら、そこのあなた。虫歯?歯槽膿漏?ダメダメ、今すぐ箸神様にお参りしなくっちゃ!

ま、それより前に歯医者さんに行くのをお勧めするのは言うまでもありませんが・・・。

古麻志彦神社 旧郷社

住所:珠洲市若宮町字経念十二部三二
主祭神:日子座主命
例祭:6月17日
境内地:1,734坪
主要建物:本殿、拝殿、末社少名彦社、神輿庫、社務所、手水舎

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing