ミュージアム人物列伝Ⅴ

2018-09-14 AM 10:24 by office

本日ご紹介するのは、皆さんもよくご存知だと思います。 レジェンド神和住純さんです。(以下純さん)簡単に純さんを紹介すると

法政大学スポーツ健康科学部教授。(2018年3月末で退職) 日本人戦後初のトーナメントプロ選手。1980年から国内7年連続賞金王。1997年から2004年までデビスカップ代表監督。1973年全米オープンで3回戦に進出。これは錦織圭が2008年に進出するまで日本人男子最後の全米3回戦進出だった。ウィキペディアより

大阪なおみ選手の全米制覇によってTV解説で目にする機会も多くなりましたが、純さんが現役引退しスポーツキャスターとして活躍されていたことはあまりご存じないかも知れないですね。(松岡修造さんほどではないですが甘いマスクでとても人気がありました。)

現役の頃の純さんです。いかがでしょうか?父 神和住正氏(以下正さん)が能登町(旧能都町)宇出津の出身で軟式庭球をされており正さんの功績を讃え永年 神和住軟式庭球大会が開催されて来ました。

そして、母 静子さん(以下静子さん)も軟式庭球をされており成績は父 正さんよりもかなり上だったようです。もちろんお二人とも全日本チャンピオンになられておりそのサラブレッドの血筋は純さんに受け継がれたと言っても過言ではないかと思われます。

ところで、正さんは早稲田大学を卒業し東京都庁で働かれたので純さんは東京で生活をされたことになりますが、子供の頃には何度か家族で宇出津の町に来たことがあったそうです。また現役時代にはNHKの取材で当時の宇出津高校軟式庭球部の高校生と体育館で一緒に乱打をして打ち負けないストロークを見せてくれました。この頃の宇出津高校はインターハイ、国体とも団体戦で3位に入る強豪校でいくらプロでも軟式では勝てないだろうと思ってましたが、さすがにやはりプロでした。 負けずに延々と30分以上も相手を変えては打ち続けていました。

純さんと能登町との縁は上記のとおりでその後、正さんの軟式庭球大会に代わりに1999年より神和住純エンジョイテニスと言う硬式テニス大会を町を挙げて開催するようになり今年で19回目を迎えます。その間平成20年からは「能登町ふるさと大使」として能登町の観光PRや町への納税、そしてミュージアムには現役時代に獲得した数々の優勝トロフィーやラケットユニバーシアード大会の貴重銀杯、金杯の他にもご両親の正さん、静子さんが愛用されたラケットや賞状、カップなどを寄贈いただいています。

その一部をミュージアム内の神和住ルームに展示してありますので一度皆さんにもぜひ鑑賞いただけたら幸いです。

今年も来る10月13,14日の両日に神和住純エンジョイテニスフェスティバル2018

が開催されます。こちらにも一度ご参加いただけたらと思います。

 

 

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing