ミュージアム人物列伝Ⅳ

2018-08-19 AM 11:35 by office

 藤波テニスミュージアム人物列伝Ⅳです。本日ご紹介するのはテニス指導者でもなく、プレーヤーでもなく、そして貴重な資料の提供者でもありません。

故 大森稟世(おおもり りんせい)能都町軟式庭球協会長(当時)です。氏は、歯科医として昭和58年から平成4年までの5期10年に亘って会長を務められました、軟式庭球協会長をされる以前には能都町の体育協会長をされたこともある人望と行動力と信念を持っておられた方でした。

軟式庭球協会長になられてからは、「テニスで町起こし」の理念の基、様々なテニス大会を誘致し大会の成功に結びつけて来られました。

能都健民テニスコートが昭和58年に竣工すると翌59年インカレ、60年インターハイ、62,63、平成元年と3年連続の全国小学生大会、2年には国体リハーサル大会としての実業団大会、3年石川国体、4年東日本選手権、全中と毎年全国レベルの大会を開催し全国に「能都町(のとまち)」の名前を発信し続けてきました。

この間、軟式庭球だけではなく今開催している能登町(のとちょう)の  夏の風物詩である関西薬学生硬式庭球大会も昭和62年に誘致し今年で31回目の開催となっています。

氏は、町の活性化のために大会の誘致のみならず、私費を投じて町独自として大会も企画、開催し県のソフトテニス発展に尽力されました。

平成8年8月 この年も暑い夏でした。だままだ「町づくり」の道半ばの68歳という若さで亡くなられてしまいました。氏が亡くなられてからの能都町(のとまち)はここから長い低迷期を迎えることになってしまいました・・・

氏のあらゆる意味での偉大さが、当時も今も強く感じてしまいます。

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing