ミュージアム人物列伝Ⅲ

2018-06-27 PM 2:20 by office

藤波テニスミュージアム人物列伝第3弾です。多くの人物列伝の中で誰を3番目に紹介しようかと悩んでいたのですがやはりこの方しか居ないかなと?故山田良平先生です。(現在の能登校は宇出津高校、能都北辰高校と校名を変えて平成21年から能登青翔と北辰が統合し能登高校となりました。)

山田先生は能登から日本一の選手を育てたいと昭和45年(1970年)から宇出津高校ソフトテニス部の専属コーチとなり石川県高校総体では男子団体10連覇、女子団体6連覇を達成。インターハイでは昭和51年男子団体3位。個人では昭和54年に洌崎満、石田茂樹ペアーで悲願の日本一を達成し宇出津高校の黄金時代築かれました。

先生は大正9年旧鵜川町に生まれ豊島師範学校(現東京学芸大学)に進学しテニスに熱中し東日本大会など数多くの大会で優勝を飾ったそうです。戦後は地元に戻り中学校の教員となるが体調を崩し退職され、スポーツ・書籍用品店を営みながら地元中学生を指導されていました。『テニスばか』になるなが先生の口癖で『テニスをとおした人間づくり』を目標に掲げていました。

その教えは今でも脈々と引き継がれておりたくさんのOB、OGが今でも有形無形で応援し続けています。

昭和60年(1985年)石川インターハイが能都健民テニスコートで開催されたが、その直前に肺がんのため生涯を閉じられたが、先生の功績を顕彰しようということでOB、関係者が中心となり多額の寄附が集まりコートの前に胸像が建立されました。

2021年2度目のインターハイが能都健民テニスコートで開催されます。3年後このコートで活躍する選手もずっと見守り続けて欲しいものです。

テニス/中興の祖

テニス/中興の祖

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing