冬まぢか

2014-11-12 PM 4:35 by office

IMG_4014 今朝は、気温も少し高めだったんですがお昼が近づくにつれて風が吹き始め、そして午後からは急速に天候が崩れ、ご覧のように海は時化模様になり波が大きく道路にまでその飛沫を打ち上げています。

そして、先程3時半ころからは、とうとう雷鳴thunder.gifが大きく轟くようになりました。北陸能登ではこの現象を鰤おこしと呼びます。

この鰤おこしが始まると、能登では近々大敷網に鰤が入ると言われています。それとともに、本格的な冬の到来になるわけでどうしても 北陸⇒能登⇒冬⇒暗い・寒いと言うイメージがありますが、寒いからこそ他の地域にない美味しいものがこの冬の時期にたくさん味わえることができます。

冬の魚と言えば、まずは鰤。刺身、焼き物、鰤しゃぶ、ぶり大根日本酒、ビール、ワインとアルコールに合わせて料理を選ぶのも楽しみですね。

最近は、水揚げが減ってしまった鱈。プリップリでコラーゲンいっぱいの白身に白子が何とも言えません。

子付けの刺身は、石川、富山限定の食べ方でしょうか?一度召し上げってみてください。そして、この前解禁となったばかりのズワイガニ(加能ガニ)。オスは高くて食べることができなくてもメスの香箱カニならばお手頃価格でしかも卵まで味わって甲羅に熱燗を注いで飲む飲む酒もなかなかオツなものです。
そんな冬の旨いものがそろう冬の能登 いっかい来てんみんかいねt00200020_0020002011592085403.gif

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing