バードウォッチングⅡ

2014-02-25 AM 11:59 by office

kamo 以前からお知らせしているカモです。すっかりと居着いてしまったようです。種類もヒドリガモだけではなく、スズガモも数多く飛来しています。こんなに間近で見ることができる所は、そうそう無いんじゃないでしょうか?

ところで、お隣の珠洲市では、水を張った田んぼでは「白鳥の里」として数多くのコハクチョウがゆったりと泳ぐ姿が見られ、周辺に鳴き声を響かせています。

そして、その「白鳥の里」には、能登町にいた鶴が舞い降りているとの情報がありました。これは、取材に行かないとと思っていると、そのうちなんとトキがやって来たとの情報があり、飛び去らないうちにと昨日行って来ました320.gif

現地に到着すると、広がる田んぼのなかにたくさんの人影と車。そして駐車場らしき所にも数台の車から大型の望遠鏡でバードウォッチングしています242.gif

なるほど、皆さん本格的です。カメラのレンズを見ると長さが20cm以上のカメラを持った人がズラリ・・・私はスマホと55mmレンズのカメラが1台。微妙ですねcoldsweats01.gif
近くにいた人とお話すると、トキの情報を聞いて富山から来たそうです。しばらく雑談していましたが、トキを見つけることができず、諦めて帰ろうとしたところ2羽の鳥が300mほど向こうに舞い降りてきました。ツルかなと思い素早く向かって見たものは、sagi&konotori

なんと、コウノトリでした。たくさんいたバードウォッチャーの中で、一番近くで見たのは私だけだったようです。ほとんどの方は昨日は見ることができなかったのでないでしょうか。コウノトリとシラサギなんとも言えない組合わせです。3羽は仲良く餌を探していましたが、バードウォッチャーが近づいてくるとコウノトリはどこかに飛び去ってしまいました。

そして、近づいて来た地元のバードウォッチャーにトキの貴重な情報をいただきました。(続く)

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing