波並の奇祭2013

2013-09-14 AM 9:09 by office

DCIM08191

随分とご無沙汰となりました。なかなか更新できずに気ばかりが焦っていました(ーー;)  旬の情報を提供したいのですが、今回は、先週おこなわれた波並地区の祭礼です。

波並地区のキリコの運行は、およそ夜間の9時30分頃から明け方の4時頃までおこなわれます。一昔前までは、浜手にある西出、東出、堂の山地区のキリコが山手にある本町、中町、大谷内地区のキリコを迎えに行きそれから少し小高いお宮に登って行きます。

この小高い宮に登り、そして下るのがこの祭のクライマックスです。宮入りしてからは各町内の6台のキリコにはそれぞれ祭太鼓をたたいてお神輿がお涼みに出られるのを待ちます。そして、宮司の祝詞を受けたあとに出てきたお神輿が他の地域とはちょっと変わったこのお神輿です。

DCIM08201

ちょっと風変わりな白木で組まれただけのこの神輿は、『宵神様』あるいは『夜神様』と地元の人たちは呼んでいます。白木だけで組まれた神輿ですが、かなり重くそして頑丈にできていますが、これを画像のようにひっくり返したり、打ち据えたりして暴れまわります。各町内の祭礼の当番家に立ち寄って回るのですが、山の崖道なども通るので暴れてばかりもできず慎重さも必要とされます。

そして、大谷内地区からは川沿いに入りそのまま波並の湾内へ神輿と一緒に泳ぎ渡ったものでしたが、近年ではこういうことは少なくなってきました。

過疎、高齢化で地域の伝統文化を継承していくことはとても近年むつかしくなってきました。せめて映像で残せて行けたら良いですが・・・

素敵なサイトを発見しました。

クリック☛ 波並の祭り

 

 

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing