カモメが翔んだ日 Ⅱ

2013-06-12 AM 10:47 by office

DCIM0465

昨日の夕方のことです。賑やかな声がするのでふと見上げると、カモメの大群が空一面に羽ばたいていました。

能登は、海岸との距離が近いから飛んでいたところでなんの不思議もないのですが、普段は海上に乱舞しているカモメが、陸地で飛んでいるとやはりちょっと奇妙な感じがします。

カモメの乱舞はこちらclick

なぜ、カモメが陸地にやってきたかは不明ですが、私が考えた仮説は次のとおりです。

1.カラスが最近、海岸にも進出するようになりカモメの縄張りを犯すようになり、それに反発したカモメがカラスと対決するために飛んできた。

これは、かなり信憑性があります。実際にカラスとカモメの空中戦を目撃しました242.gif写真に写っているのは、カモメとトンビですが、こちらはいたって友好的な感じでした。もしかしたら、トンビとカモメが共同で増えすぎているカラスに対抗しているのかも知れないですねhappy01.gif

カモメは遠目から見るとおとなしくのどかな感じに見えますが、近くにで見ると結構大きいんです。翼を広げると1m位はあるかも知れないですね。

なんにしても、これ以上カラスが増えすぎると良くないのでカモメにもっと陸上に飛んできて欲しいものです320.gif

かもめが翔んだ日 渡辺真知子

コメント記入欄

WP-SpamFree by Pole Position Marketing